協会のご紹介 » 山梨県青少年協会

協会のご紹介

 山梨県青少年協会は、「青少年のための施設運営を通して、心身ともに健全な青少年の育成を図る」ことを目的に昭和45年11月20日に財団法人として設立され、現在は、県立青少年センターなど5施設の管理運営を受託し、施設の安全管理、利用の推進、及び各種の主催事業などを行っています。また、平成23年4月1日の公益財団法人への移行にあたり、法人の目的を「青少年に活動、研修、交流の場を提供することにより、豊かな感性と創造性を育み、心身ともに健全な青少年育成を図る」こととしています。

当協会は、受託している施設等において、次の事業を行っています。

青少年の自然体験、生活体験、奉仕体験などの体験活動を推進する事業

 集団宿泊活動、野外活動、共同生活など、学校や家庭では得難い体験を通して、心身ともにたくましく心豊かな青少年を育成できるよう、施設運営の充実、活動プログラムの提供や、指導助言を行うとともに、青少年を対象とする主催事業を行っています。

子どもや親子の自由な遊びやふれあいを促進する事業

 県立愛宕山こどもの国の自然環境を活かし、創造・挑戦・対話をテーマに、緑と太陽のもとで自然と直接ふれ合いながら利用できる、子どもたちの遊びや自然観察の場、親子のふれあいや憩いの場を設け、季節に応じて楽しめるプログラムを用意しています。

青少年の文化、教養、スポーツ活動を促進する事業

 集会室、宿泊室や、グラウンド、体育館、プール等の体育施設の運営及びこれらを活用した主催事業を通じて、青少年に自主的、創造的な活動・交流の場を、また青少年の指導者や勤労者に研修、交流の場を提供し、青少年の文化、教養、スポーツ活動の促進を図っています。

青少年の科学に対する関心と理解を深める事業

 県立科学館の立地条件や施設設備を活かし、科学実験、科学工作、自然観察、サイエンスショー等の事業や、宇宙や地球への理解を深めるプラネタリウム番組の自主制作と投影、県民に親しまれる特別企画展の実施などを行っています。